心地よい音楽でリフレッシュする喜び

エレクトーン演奏の音楽の魅力

心地よい音楽でリフレッシュする喜び
私は幼い頃からエレクトーン演奏を習っています。一番初めに習ったお稽古事です。それから私はエレクトーンの魅力にはまり10年以上続けました。その効果は、音楽を楽しさに気付いた事、とにかく音楽を大好きになった事です。エレクトーンを演奏して思った事は、コード進行を覚えられる事です。これは後々私がギターを始めようと思った頃に大変役立ちました。Cや、F、Am、G7など色々なコードが記載されてもすぐにそのコードがどの鍵盤で奏でられるかが感覚でわかるので、後はギターの弦の位置を覚えるだけで過ぎました。

エレクトーンというといまいちピンと来ない方もいるのですが、色々な音やリズムを一つの楽器で奏でられる鍵盤楽器です。ピアノよりマイナーですが、ピアノよりリズムが刻みやすく楽しい楽器です。それから、鍵盤が上下と、足元にも鍵盤が付いていて、それぞれの音を変えられるのです。足元の鍵盤は、バンドで言うベースの役割があります。鍵盤楽器の上下をピアノとギターで合わせると、まるで、ギターとピアノとコントラバスなどのベースがアンサンブルをしているかのような音色が奏でられるのです。ちなみに、リズム機能も付いており、テンポも好きなように設定できるので、メトロノームがわり、つまりバンドで言うドラムの役割を果たしてくれるのも、演奏を楽しくさせてくれる魅力です。私は幼い頃にこの楽器に出会った事で音楽の幅が広がっていると感じます。今はエレクトーンを処分してしまいましたが、未だにキーボードを出して演奏をすると気持ちがリラックスできています。そんなエレクトーンに私は感謝です。

注目のキーワード