心地よい音楽でリフレッシュする喜び

心地よい音楽でリフレッシュする喜び

音楽でリフレッシュする事。聴く側から演奏するサイドへ。

心地よい音楽でリフレッシュする喜び
現代社会とその環境は、ストレス社会とも呼ばれています。過度な労働、神経を要する仕事など、ヒトは慢性的なストレスを受ける環境に置かれています。短絡的に昔は良かった、と結ぶ事は出来ませんが、業務の面で、サラリーマンやビジネスパーソンに掛かる負荷とストレスが増加傾向にある恐れは存在しています。単純に仕事量が増加してきている可能性もあります。そして、スピードと品質が過剰に求められている現場もあります。時には、心や身体にダメージを受けてしまうケースもあります。疲れた心と身体を労るため、音楽鑑賞をする現代人がいます。疲れた毎日には潤いが必要です。余暇や余白が肝心です。一見すると、無駄とも思える、その余白が非常に肝心だと言われています。無心となり、音楽に耳を傾ける時間は、とても貴重であり、利益の多い一時です。好きな曲を聴くことで、数字やコンピュータでは計測出来ないリフレッシュ、潤いをヒトの心に与える事が出来ます。

最近では楽器やバンドが題材した作品が数多く発表されています。バンド活動がテーマとして採用された漫画やドラマ、映画が存在します。そして近年では、世間ではそういった作品が好まれています。女子高生たちがバンドを組み、バンド活動に励む漫画作品やアニメ作品などが、最近では人気と関心を集めています。彼女たちの楽しい姿に憧れる人々がいます。今では気軽にバンド活動や演奏会を始める事が出来ます。貸しスタジオや楽器店が、街には用意されています。楽譜などの情報も豊富に用意されています。一昔前までは貴重だった楽譜や貸しスタジオのサービスなども、今では気軽に利用する事が出来ます。創作という文化は、何も受け取る事だけが全てではありません。ユーザーという立場に飽きてきたら、創作者の立場にまわる、という事も大事かもしれません。実際にミュージシャンの中には、ユーザーから創作者側にまわった人々が数多いと考えられています。